やまがたの今を・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS もりわじん 『泣き猫−まことの福祉』

<<   作成日時 : 2012/06/20 11:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 
画像


村山市の最上徳内記念館で開催されているもりわじんさん(本名・森和人)の『泣き猫−まことの福祉』を見に行った。
 『無くなり、もしくは亡くなり、それに泣くものあり、助けるものあり、祈るものあり』がテーマ。『泣く』の向こうには笑いがあったり、諦めもある。笑いや諦めの深くには心の静寂がある。
 もりわじんさんの作る招き猫作品は、非常に表情が豊かで、見るたびに心を和ませてくれる。少々高額ではあるが、人気が高いのも頷ける。
 この日は作家の、もりわじんさんご本人がおられ、話を聞く事が出来た。ラフな格好で、しゃべり上手な面白い方。とても気さくでガシガシ話してくれる。
 私が気になった、祈りを捧げている「混沌神」について訊ねると、もりわじんさん曰く、中国2500年前の混沌(たぶん妖怪)、手塚治虫さんの「どろろ」からイメージ。「無為自然」で、人も万物と同じく自然の運行に法り従うこと−と述べている
 7月17日まで開催されている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もりわじん 『泣き猫−まことの福祉』 やまがたの今を・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる