やまがたの今を・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 大石田町町民交流センター

<<   作成日時 : 2015/04/03 09:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 大石田町役場では、町民交流センター(仮称)の建設を計画。指名型プロポーザル にて秦・伊藤設計の提案が選定され、基本計画の内容がまとまった。
 計画では、役場東側にある桂桜公園の敷地5895uに、オーソドックスなRC一部S造2階一部3階建、延床面積5395uを建設。約22億円を見込む。
 施設構成は、交流の場(エントランスホール)、学びの場(図書館エリア)、表現の場(会議室エリア)、創造の場(多目的ホール)、福祉の場(保健センターエリア)の5つのエリア。自家発電機を設置し、災害時の避難所機能を果たす。

画像

画像


 詳細な内容をみると、1階交流の場(エントランスホール)は、天井高さ約8bの開放的な吹き抜けの空間で企画展示やイベントにも利用できる広さとし、喫茶を楽しめる交流サロン、打ち合わせなども出来る談話コーナーを設ける。福祉の場(保健センター・子育て世代活動支援センター)のうち、保健センターは約240平方bの広さで事務室に隣接させる。室内には、三つのブースを配置し、屋外の検診車スペースにはひさしを設ける。表現の場(会議室エリア)は2階に集約。大会議室は約500平方bで、一部を可動間仕切りにして中会議室、小会議室に区分できるようにする。また、2階の学びの場(図書館エリア)は約800平方bの広さ。閲覧コーナーや子ども読書コーナー、学習コーナーなどを設ける。創造の場(多目的ホール)は、1階290席、2階60席、合計350席の馬蹄形の階段式及びバルコニー形式とし、車椅子席も設け演劇を主体としたホール。舞台は間口28b、奥行き15b、主舞台、脇舞台、後舞台で構成、多岐にわたる発表形態に対応可能。
 スケジュールをみると、5月に既存建物解体、6月中に入札、7月に建築工事着手、28年3月竣工、29年7月外構工事竣工、9月のグランドオープンを予定。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大石田町町民交流センター やまがたの今を・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる