やまがたの今を・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 安藤忠雄氏の講演会

<<   作成日時 : 2008/07/29 21:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

仕事を通して夢をつくる

 世界的な建築家である安藤忠雄氏の講演会が26日、酒田市公益研修センター多目的ホールで開かれた。この講演会は、庄内と秋田県が連携して地域の活性化を目指す会社組織「北前船庄内」が開いたもので、講演に先立ち、庄内、秋田の連携による活性化を進める「北前船コリドール」構想提唱者の石川好氏、北前船庄内の新田社長、日野副知事、黒田公益大学長らが祝辞で、庄内、秋田の連携による活性化にエールを送った。
 安藤氏は、市民約1000人を前に、「仕事を通して夢をつくる」というテーマで公演。サミュエル・ウルマン(Samuel Ullman 1840年〜1924年)の詩『青春』の一節「青春とは人生のある期間ではなく、心の持ちかたを言う。青春とは人生の深い泉の清新さをいう。青春とは怯懦を退ける勇気、安易を振り捨てる冒険心を意味する。ときには、20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。年を重ねただけで人は老いない。理想を失うとき初めて老いる」を紹介し、理想や目標をもつ大切さを強調。子供たちはもっと創造力が豊かになるように育てないといけないと創造や行動、表現の大切さを指摘し、若者の奮起を促した。
画像

 また、東京大学で教鞭をとることになった経緯では、皆に反対されたが、「自分も一緒に勉強したい」そう思ったので引き受けることにしたと語った。続いて、安藤氏が初めて手がけた住宅(今は氏が買い取って安藤建築事務所)や、直島アートサイトなど、今までの仕事をいくつか紹介。さらに、アブダビで美術館や博物館が5つ建設中のプロジェクトでは、フランク・ゲーリーなどの世界的な建築家に設計を依頼、氏は海洋博物館の担当で、海の上に作って海中も展示に使うと言う。
 一方、安藤氏が今注力しているのが、東京湾「海の森」構想。東京湾の埋立地を、樹木を植林し、明治神宮に匹敵する巨大な「海の中の森」を作ろうという壮大な計画。これを国や行政に頼るだけでなく、一人1000円の募金を50万人集めて、市民の力で成し遂げようというもの。大都市である東京が世界に“環境の問題を考えている”とアピールすることには意味がある、と。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安藤忠雄氏の講演会 やまがたの今を・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる