やまがたの今を・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本海側最大級の約5300d

<<   作成日時 : 2006/08/03 18:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


水抜き作業を行い浮上

 国土交通省酒田港湾事務所北港事務所では3日、酒田港防波堤(北)(第二)築造工事(酒田市大字宮海字南浜地先)の工事現場視察会を行い、庄内地域の大井建設、丸高、大場建設、菅原工務所等の建設技術者など大勢が視察、同時にプロジェクトについてのアンケート記入も行われた。
 第二北防波堤(混成堤構造)に使用するケーソンは、現在仮置場に水を入れて沈めている状態で、そのケーソンを、防波堤まで移動させ据付けるため、ケーソンの水抜き作業を行い、浮上させるもの。
 ケーソン(コンクリート函)は日本海側最大級の約5280dで、今回浮上させたP−2型ケーソンは幅22・8b(低面部25・8b)×長さ25・0b×高さ20・0bの規格で、ビルにすると7階建ての高さ
画像
。施工手順をみると、ケーソンはフローティングドッグ船の上で造った後、水中に沈めて水上部分を更に高く造っていくFD製作・海上打継方式で造られている。完成したケーソンは、浮上させ船で引かれ、ケーソンが波で動かないようにするため、中詰材(石、砂)をいれる。続いて上部工は波に耐えるための重量を確保するため、必要な高さまで仕上げる。防波堤となった場合は約2万3000d/函となる。
 同工事は、東北地方整備局で今年3月に一般競争入札に付され、東洋・国土総合特定建設工事共同企業体が6億4000万円で落札したもの。現場代理人は成田和雄氏。完成は11月15日の予定。
 工事関係の皆様、真夏日の30度以上の気温の中、案内有り難うございました。無事完成することを祈っておりまので頑張って下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本海側最大級の約5300d やまがたの今を・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる