やまがたの今を・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 「本間建築展2006〜桜(はな)と月の家〜」

<<   作成日時 : 2006/07/25 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
「桜(はな)と月の家」

「これまで」と「これから」を

 県建築士会で毎年実施している会員作品展の最優秀賞に本間貢氏(本間貢建築設計事務所・鶴岡市友江町)が選定された。10月には連合会の第34回全国会員作品展に県内代表として出品される。
 その建築展「本間建築展2006〜桜(はな)と月の家〜」が「RIDEA」(鶴岡市宝田1丁目)で25日まで開催された。
 本間氏は、多くの方々の協力に支えられ、開催出来ましたことを、心より感謝申し上げます。建築設計の仕事を始めてから20年が経過しました。そんな、節目の年、全国会員作品展に対して県建築士会の代表作品として「桜(はな)と月の家」を推挙することが決定したとの一報を受け、思いがけない過分な取り計らいに、自身を律するとともに、これから更なる10年、20年に向けまして、志を新たにしているところです。と綴っている。
 また、鶴岡はもとより、庄内、全県におきましても「建築」をテーマに、地元で活動している建築士が「個展」「展覧会」を開催すること自体、聞き慣れない感覚が多分にあり、表現に行き届かない点もあろうかと思いますが、当展におきまして、私自身の「これまで」と「これから」を感じ取っていただければ幸いに思います。と続く。
 また、桜の間(和室8畳間+4・5畳間)については、具体的な計画にも入っていない時期に私から「枝垂桜の下で野点が出来る家っていいですよね!」と提案。よって、タイトルは『「枝垂桜のある家」にしましょう!』と、設計者のかなり勝手な発想から「桜」のキーワードが生まれたのは嘘のような本当の話です。その「桜」のイメージを最も象徴的に表現したのが、「桜の間」ということになるのです。「床の間」の壁をガラスにし、当然、その先には「枝垂桜」が、さらにその先には対岸の「桜並木」が一望でき、外部からの「桜」を取り込んでいます。内部には「変わり床」の天井に桜模様の和紙を貼り、左手に「桜散らし模様透かし彫り」を施した化粧板を配しシンプルでモダンな床の間を演出し、さらに左手、飾り棚下部の地袋(襖)にも桜模様の和紙と無地の和紙とを貼分るデザインとしました。「これでもか!」と言わんばかりの仕掛けですが、昔から和室に使用されてきた素材を採用していることからでしょうが、けしてクドクなく上品に仕上がっていると感じています−と。結婚も決まり二重の喜び。
 本当に、おめでとうございます。
 同氏は、本間工業鰍フ社長でもあり、設計は仕事が終わった夜からの作業で、半年かけて設計。大学院のオープンゼミなどにも参加、鶴岡市のまちづくりについても熱く語る。今回の和服着用は、赤川花火大会を盛り上げるためのゆかたコンテストの審査員との事。
 また、ギャラリーを提供した「RIDEA」の代表は、県を代表するデザイナー、はんどれい鰍フ佐藤元氏で、カウンターの椅子は安積伸氏の作品。店内は洗練された空間を創出している。
◆「桜(はな)と月の家」施工者
建築工事=旧侮搓H務店
基礎・左官・タイル・組積工事=本間工業
給排水・衛生・空調工事=エッグシステム
電気工事=鶴岡大竹電気工事
防水工事=タカミヤ防水
板金工事=轄イ藤忠板金
金物・金属建具工事=金星堂塗装店
内装工事=竃口内装
鉄骨工事=大川鉄工所
薪ストーブ工事=憩暖
造園工事=植進造園

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
11:1級電気工事施工 実地試験の完全対策 (なるほどナットク!)
1級電気工事施工 実地試験の完全対策 (なるほどナットク!)オーム社実地試験対策... ...続きを見る
一番多く使われているオススメ資格取得用テ...
2009/08/24 20:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「本間建築展2006〜桜(はな)と月の家〜」 やまがたの今を・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる